MENU

ロゼレムは時差ボケや夜勤でずれた睡眠時間を元に戻す効果があります。どのような仕組みでこんな効果があるのかを検証していきたいと思います。

 

ロゼレムは体内時計を修正する

 
ロゼレムを使うと、時差ボケに対する効果が期待できます。時差ボケになった人は、昼と夜が逆転してしまっています。そのリズムを正常に戻すのに、有効です。体内時計を調節してくれるからです。夜寝る少し前に、ロゼレムを服用しましょう。心地よい眠りが訪れて、朝が快適になります。時差ボケの人はメラトニンを飲んで、対処している人が多いのですが、ロゼレムでも同様かそれ以上の効き目があります。

 

また、夜勤に出なければならない人も、ロゼレムを摂取しましょう。夜活動をするためには、昼間寝なければいけません。つまり、昼と夜を逆転させる必要があるのです。昼間、自然な眠りにつくために、ロゼレムを服用すれば、それも可能です。時差ボケにしろ夜勤にしろ、生活習慣を変えるのは、たいへんです。でも、ロゼレムがあれば、体内時計の調節を思うようにできるので、不快な症状で悩む必要はなくなります。

 

無理やり脳を眠りにつかせる既存の睡眠薬と違い、睡眠時間のサイクルを緩やかに修正することから副作用も抑えめになっています。このようにとてもいい薬なのですが、実は無視できない問題点があります。それは価格が高いことです。

 

ロゼレムを安く手に入れるには?

 

上の説明の様に時差ボケや夜勤の影響で睡眠時間を修正したいという人や、強い副作用を避けたい人にとってロゼレムはうってつけの睡眠薬だと言えます。

 

しかし問題はロゼレムは2010年に発売開始された薬であり、まだ歴史が浅いことや今までになかったタイプの睡眠薬であることから値段がまだまだ高いのです。

 

病院で処方してもらえて、なおかつ保険が適用されれば他の睡眠薬と比べれば高いもののそれでもかなり薬価を抑えることができるでしょう。ですが中には、病院に行く時間がない、睡眠薬を処方してもらうために診察を受けるのには抵抗がある、診察したが処方してもらえなかった。そんな場合も考えられます。

 

 
そういった場合には個人輸入に頼るのがセオリーですが、もしも個人輸入でロゼレムを手に入れようとした場合には一錠辺り200円かかるでしょう。1か月では6000円、1年では7万円も薬代がかかるので家計を圧迫してしまいます。

 

その解決方法としてジェネリック医薬品を使うという手段があります。ジェネリックとは後発医薬品のことで、ロゼレムのような新薬をもとに開発されています。新薬で安全性やその効果が判明していますので、研究時間を大幅にカットすることで費用を削減、その結果販売価格を大幅に下げることができるのです。効能や成分は同じでなければそもそもジェネリックと認定されませんので、その点も心配しなくていいでしょう。価格はロゼレムが200円に対してジェネリックならば40円と大幅な節約ができます。

 

 

ロゼレム(新薬) ラミタックス(ジェネリック)
200円~ 40円
   

 

 

実際の価格は業者やタイミング次第で変わってくるでしょうから、現時点での価格になりますが以下のようになります。

 

  1錠価格 送料 ショップ 詳細
40円 無料 オオサカ堂 詳細
49円 無料 いろはウェブショップ 詳細
50円 無料 TOP 詳細

 

ここまで勧めてきましたが、個人輸入を検討する前にまずは一旦診察を受けることを考えるようにしてください。ロゼレムを手に入れる場合にはできる限り病院で処方してもらうのがベストです。もしもそれが無理だった場合には個人輸入でジェネリックを選択することで薬価を抑える。こう考えるようにしてください。

 

→ロゼレム【効果やジェネリックの安い通販方法はコチラ】

 

↑のサイトでロゼレムの効果や通販方法について徹底解説されています。「ロゼレム 通販」で検索すると3位以内に出てくるサイトなので情報量も豊富です。一度見てみてください。

 

ロゼレムが睡眠時間を治す仕組み

 
ロゼレムは、新しいタイプの睡眠薬です。今までよく使われてきたベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、脳の活動を抑制することによって、睡眠に導くことを目的としてきました。つまり、脳の興奮を抑えて、無理やり眠りにつかせるのです。

 

それに対して、ロゼレムは、睡眠リズムと関係の深い体内時計に働きかけて、自然な睡眠に導く薬です。体内時計は誰にでも備わっている仕組みで、昼間と夜の違いを認識し、活動と休息、睡眠のバランスを取っています。この仕組みをつかさどっているのが、視交叉上核という脳の部位です。ロゼレムは、この部位に作用することによって、自然な眠りを促すのです。

 

その働きは、松果体から分泌されるメラトニンに似ています。メラトニンは、視交叉上核という部位にあるメラトニン受容体にくっついて、眠りをもたらすからです。この部位に作用が及ぶと、次のような状態になります。体の深部の体温が下がる、副交感神経の働きを強め、気持ちをリラックスさせる、呼吸や脈拍、血圧を下げる。以上のような効果があります。こうなってくれば、眠りに適した状態に入ったことになります。しかも、ロゼレムの効果は、メラトニンよりも高いことがわかっています。

 

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に比べると、睡眠効果はやや弱めです。それは、直接眠りに導くというよりも、体内時計の調節によって、睡眠に入りやすい状態を生み出すことを目指しているからです。ですから、一度眠りにつくと、薬が半減した後でも、心地よい睡眠状態が続きます。薬の効いている間中脳の活動を抑え込む睡眠薬と違って、ロゼレムは睡眠に入るきっかけを与えるだけなので副作用も少ないのです。